categoryコンナ日常

少し泣きそうになった

trackback0  comment0
病院で喘息の検査をしました。
一酸化炭素?の数値を量る検査なんですが、結果正常値が20に対し私は100オーバー。
喘息ですと言われました。それもかなり酷いやつ。
思い当たる理由は一つしかありません。
前々から掃除をしたりしたらくしゃみが止まらなくなったり、たまに咳が酷い時がありました。
きっとうさぎのアレルギーは前から持っていたんだと思いますが、それが妹の家に行って悪化したというか…
決して妹とうさぎが悪いってわけではなく、妹の部屋の中のうさぎ濃度が高かったために本格的に発症したんだなと思います。

先生にペット飼ってますかときかれました。
うさぎを飼っていますと言うと、やめられませんかと言われました。
私にとってうさぎと一緒に暮らすことはやめるやめないの問題ではないので、やめられないですとだけ言いました。
まあ大抵の人はそういうんでしょうけども。
気休め程度の空気清浄器を進められましたが、うさぎと生活している限り喘息は完治しないと言われました。

そんな簡単なもんじゃないのかもしれませんが今までこれほどひどかったことはないし、今の波が落ち着いたらこれまでに戻れるんじゃないかと思ってます。
軽度のアレルギー?くらいに。
薬をもらうときに薬剤師さんといろいろお話して、うさぎを飼ってるんだと話すと「うさぎはほおっておけないもんね」と言われました。そうなんです。
別れ際に「うさぎさんによろしくね」と言われてちょっと元気が出ました。

帰ってから玄関にいるうさぎにいつものように挨拶したら、遠巻きにこっちを見ていてちょっと泣きました。
いつもだったらよってくるくせに、じっとして動かないから。
しいちゃんのせいじゃないんだよって言いました。
私の勝手で彼女を手元に置いて育てているんです、何も彼女は悪くない。
母に説明したら何を言われるか怖かったですが、案外あっさりしていて安心しました。

これからしばらくは薬で治療。
また何回か通院しなきゃいけないっぽいけど、その頃には大丈夫だろって楽観視してます。
待っているときに調べたら窒息死する人とか、他にも触るだけでもダメって人もいるみたいですね。
私は触っても大丈夫だしチモシーにはアレルギーなさそうなので幸せなほうだなと思いました。
これからもうまくうさぎと付き合っていきたいな~やっぱりうさぎは大好きだ。
スポンサーサイト
 









        
 
http://switchharu.blog53.fc2.com/tb.php/3381-8e248d7f