categoryノーミュージックノーライフ!

ナイトメア活動休止②

trackback0  comment0
この前あんな長文を書いて、それから次の日を迎えて。
発表された最初の感情は悲しみにじゃなくて怒りみたいなのに近かったのかなぁって思いました。
怒り?呆れ?よくわからないけどそのへん。
喧嘩してる時に似てる。
喧嘩してる瞬間ってそういう気持ちが頭の中を支配するんです。
でも時間がたつとなんであんなこと言った?とかあれは言い過ぎたとか、考えがちょっと柔らかくなったりかわってきたり…
発表の翌日、一人職場でメア聞いてたときに初めてなんか悲しくなりました。
きっと怒りとか呆れとか消化されたのかな。
一日寝かせたらなんだか、もうこれがしばらくないのか…って思えてきて、ライブあることに何の疑問もなかったんだなぁって。
同時に自分も自己中な生き物だなって思いました(笑)
一通り気持ちを消化したあとはメンバーのことよりも自分の感情が勝ってしまうんだなと。
結局自分が聞けなくなるから悲しい。
メンバー云々は関係なく、悲しい。
悲しいっていうより寂しい、のか。
この前は泣かないって書いたけど、今の状態だったら泣くわ(笑)
本当に怒りとかそういう負の感情は冷静さをなくしてしまいますな。
この前は冷静にみえてある意味冷静じゃなかったのかもって今は思います。
とりあえずまずどうしてこうなったか、どうすべきなのかって分析したがる自分も余程やなって思いましたが(笑)

この前も今も本音やし今だってもちろん呆れてる。こうなってしまったことに。
でもその呆れを通り越して悲しさとか寂しさを感じたあたり、私にも少し盲目なところというか、彼らに対する甘い気持ちが存在していることは確かだと言えそうです。
両方のバランスが大事かも。
大切に思うが故の厳しさと、大切に思うが故の甘さ。
その両方の気持ちを持って彼らのことを考えたい。
好きだからこそ盲目にもなりたくないんですよねぇ(笑)
だから手放しでは号泣したとか悲しいとかとか言いたくない。
事実は事実で受け止めたい。
でも理屈じゃない気持ちがあるんだなって自分自身の矛盾を感じた、そんな発表翌日でした(笑)
スポンサーサイト
 









        
 
http://switchharu.blog53.fc2.com/tb.php/3117-179e509b