categoryコンナ日常

朝からヘビー級

trackback0  comment0
聞いた話が重すぎた。





なんだかもう今こんな状況のあの人に対して同情できなくなった。
うん、あなたは時期がきたんだよ。ただそれだけ。
蹴って叩いて何が生まれるっていうんですか。今更どうしようもないこと。
肉体的に傷つくのも痛いし、精神的に傷つくのだって辛い。
「迎えにきてくれなくてよかった」その一言を口にした母はどんな気持ちだったんだろう。
親に裏切られることなく今まで育った私には見当もつかない。
あなたの気持ちがわかるなんてそんな嘘、とてもじゃないけど言えないし言ってはいけないと思う。
物心ついたころにはもう母の存在がなかった母、同情せずにはいられない。

はやく終わりがこればみんな楽になれる、きっと解放される。
少なくとも過去のことを穿り返して議論しようだなんて人はいない。
不謹慎なんだろうけど、もう終わるしかないんだろうなー。
スポンサーサイト

〔テーマ:ひとりごとジャンル:日記

 









        
 
http://switchharu.blog53.fc2.com/tb.php/2712-7e295bd3